ボブとアンジー

ココロとカラダの箸やすめ楽食雑記

子どもからお年寄りまで、家族みんなで楽しもう!年末年始の料理のひと工夫ポイント

子どもからお年寄りまで、家族みんなで楽しもう!年末年始の料理のひと工夫ポイント

家族みんなで楽しみたい年末年始。減塩しながら楽しむおせちや、高齢者がお餅を食べるときの工夫点など、この時期に知っておきたい料理のポイントをご紹介します。

目次
ごちそう続きの年末年始。注意すべき点は? おせちを減塩しながら楽しむには? お餅をのどに詰まらせないようにするには? お酒の飲みすぎないコツとは? 家族みんなで年末年始の料理を楽しもう

ごちそう続きの年末年始。注意すべき点は?

師走になり、年末年始に向けた準備に忙しい方も多いのではないでしょうか。クリスマスから年始にかけてイベントが続くこの時期は、ごちそうを食べる機会も増えますよね。
塩分が気になるおせちや、のどに詰まりやすいお餅。そして、ついつい飲む機会の多くなるお酒。どんなことに注意すればよいか、ポイントをご紹介します。

おせちを減塩しながら楽しむには?

お正月料理に欠かせないのが、おせち。おせちとはもともと、神様に供える料理だったと言われています。
また、保存食としての役割もあったと言われるおせちは、砂糖や塩などをたっぷり使っており、普段の料理と比べると、濃い味付けのものが多いという特徴もあります。
健康のために減塩を意識していると、おせちは塩分が高いからと気になるかもしれませんが、せっかくのお正月なので減塩しながらおせちを楽しみましょう。

例えば、筑前煮などは干し椎茸などを使用してしっかりとだしをとり、フライパンで具材を炒めてからだし汁を入れて落し蓋をして煮ると、いつもの筑前煮よりも塩分を抑えつつおいしい煮物になります。レシピを見ながら自分流にアレンジして作ると良いですよ。
なますなどの甘酸っぱい料理は、箸休めにぴったり。簡単に作ることができるので、手作りするのがおすすめです。
また、伊達巻も卵とはんぺんなどを使用して簡単に作ることができます。お家で作れる料理はお家で作ることで、自分で味付けを調整することができ、減塩につながります。


お餅をのどに詰まらせないようにするには?

年末年始にかけて気をつけたいのが、お餅をのどに詰まらせてしまう事故です。高齢者のお餅が原因の窒息事故件数が増えるのは、12月から1月の時期です。
「私のおじいちゃんやおばあちゃんは大丈夫」と思うかもしれませんが、気をつけるポイントを家族みんなが知っておくと良いでしょう。

高齢者は若い人と比較して、噛む力や飲み込む力が低下していることも。また、口の中が乾燥していることがあります。このような状態で大きなお餅を食べると、のどに詰まることが起きるかもしれません。
お餅をのどに詰まらせないためには、お餅を食べやすい大きさに切ることや、口の中を湿らせておくことが大切です。大きなお餅は、どうしても噛む回数が増えたり、食べにくかったりするので、最初から食べやすい大きさに切っておきましょう。
また、口の中を湿らせるために、「お雑煮なら、最初に汁を飲む」、「汁気が少ないお餅を食べるときは、お茶を用意する」などの一工夫が大切です。


お酒の飲みすぎないコツとは?

お酒の飲みすぎないコツとは?

年末年始はお酒を飲む量が増えることも。お酒を飲むとついつい食べすぎてしまったり、二日酔いなどで体調を崩してしまうことも。
予防するコツは、お水を適宜飲んで休憩しながら、お酒を飲むことです。もし、二日酔いになってしまったときは、水分補給をしっかりしながら体を休めましょう。

家族みんなで年末年始の料理を楽しもう

おせちの減塩方法や、高齢者の方がお餅をのどに詰まらせないようにするときの気をつけるポイントについてご紹介しました。家族で楽しく過ごしたい年末年始。何かを我慢するのではなく、少しの工夫で楽しく過ごせると良いですね。ぜひ、参考にしてください。

※当コラムは、ご利用者の健康状態や医療の必要性に言及したものではありません。また、当社は、情報自身について、その内容の真偽、適格性、正確性について保証や責任を負うものではありません。

若子みな美

管理栄養士若子みな美

減塩料理家

病院や学校で管理栄養士として従事する中で、減塩の重要性を感じ、幅広い方に向けた減塩をすすめるために独立。 『食をより簡単に、そして世界を健康に』をモットーとし、減塩レシピ開発やコラム執筆・監修、セミナー運営等、幅広く活動中。また、大学院にて公衆衛生を専攻し、減塩社会の実現に向けて研究をしている。
HP:https://orangekitchen.info

関連記事