ココロとカラダに効くレシピ 料理レシピ「ボブとアンジー」

ログイン

旬の食材
里いも
豆腐
きのこ
大根

特集

旬のお魚レシピ

旬のお魚レシピ

鮭のレシピと買う時のポイント
お魚料理のプロ田村佳子さんに教わる、ヘルシーで栄養たっぷりな旬のお魚の選び方とアレンジレシピ!

「さけ(鮭)」を使ったレシピ

野菜をたっぷり食べられるちゃんちゃん焼きは、鮭の栄養効果、骨粗しょう症予防や動脈硬化など生活習慣病予防を高めるバランスの取れた料理です。赤い色の元になっているアスタキサンチンは抗酸化作用が強く、さらにこれらの効果を高めます。

鮭にはビタミンEやB群、抗酸化作用の高いアスタキサンチンが多く含まれているため、風邪、皮膚疾患の改善と予防、抗ストレス作用の効果があります。ゆずを皮ごと使うことで、皮の方が栄養価が高くビタミンCは果汁の4倍近く含まれています。ビタミンCには風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があり、鮭の効果をより引き立ててくれます。

かぶらの根はビタミンCを多く含み、でんぷん消化酵素のアミラーゼを含んでいます。胸焼けや食べ過ぎの不快感を取って整腸作用があります。葉も使うことでカロチン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維なども摂取でき、鮭の栄養効果も含め、バランスの取れた胃腸の弱っているときにお勧めの食事です。

野菜をたっぷり取れる上に、葉物野菜、きのこ類、イモ類、根菜類、魚と種類も豊富。ビタミン類から食物繊維、たんぱく質、さらには炭水化物とこれだけで食事としてバランスが取れています。たっぷり鍋として作ると簡単に作れ、忙しいときの食事や夜食にお勧めです。

「さけ(鮭)」について

プロフィール写真

日本料理教室講師
田村 佳子(たむら よしこ)

栄養士/調理師/和憩カルチャースペース主催
管理栄養士/産業栄養指導者/健康運動指導士/ヘルスケアトレーナー

大学で海洋水産資源の研究後、大手小売業水産担当として勤務。水産の流通を把握してから栄養士を所得。調理師専門学校の日本料理で勤務し、日本料理の技術と知識を習得した後、独立。2008年和憩カルチャースペースを開設し、得意の魚メインにした日本料理教室を開講している。朝日放送「おはよう朝日です」出演、市場や企業とのタイアップレッスン、行政施設などでの教室開講など活動中。

こちらの特集もおすすめ!

特集の一覧を見る

会員

おすすめのQ&A

カテゴリ
ダイエット
美肌
キッズ

Q&Aをもっと見る