ヘルシー健康レシピ「ボブとアンジー」

ログイン

旬の食材
じゃがいも
鶏肉
きゅうり
豚肉

特集

旬のお魚レシピ

旬のお魚レシピ

えびレシピと美味しいえびの見分け方
お魚料理のプロ田村佳子さんに教わる、ヘルシーで栄養たっぷりな旬のお魚の選び方とアレンジレシピ!

「えび」を使ったレシピ

えびを殻付きで食べられるので、骨の強化作用があるカルシウム、便秘や冷え性に効果のあるキチン質も摂取でき、ダイエットをしている方にも適しています。

ビタミンEの含有量が多いえびに、カロテン、ビタミンCが豊富な万願寺唐辛子、パプリカを合わせています。活性酸素の働きを抑制し、老化予防や美肌に効果的です。

老化を防ぎ、夏場の疲労回復に役立つ主食です。お漬物の乳酸菌で腸内環境の改善にも効果が期待されます。

煮汁までおいしく食べられるので、栄養素を摂取するのに有効です。なすの皮はアントシアニンが豊富で、血栓防止や目の疲労改善に効果的なので皮ごと食べましょう。なすは体を冷やすので、暑い夏場を過ごすには最適ですが、体を冷やしたくない方はおろししょうがを添えたり、温めて食べるなどがおすすめです。

「えび」について

プロフィール写真

日本料理教室講師
田村 佳子(たむら よしこ)

栄養士/調理師/和憩カルチャースペース主催
管理栄養士/産業栄養指導者/健康運動指導士/ヘルスケアトレーナー

大学で海洋水産資源の研究後、大手小売業水産担当として勤務。水産の流通を把握してから栄養士を所得。調理師専門学校の日本料理で勤務し、日本料理の技術と知識を習得した後、独立。2008年和憩カルチャースペースを開設し、得意の魚メインにした日本料理教室を開講している。朝日放送「おはよう朝日です」出演、市場や企業とのタイアップレッスン、行政施設などでの教室開講など活動中。

こちらの特集もおすすめ!

特集の一覧を見る

会員

おすすめのQ&A

カテゴリ
ダイエット
美肌
キッズ

Q&Aをもっと見る