ヘルシー健康レシピ「ボブとアンジー」

ログイン

旬の食材
じゃがいも
鶏肉
きゅうり
豚肉

特集

旬の京野菜レシピ

旬の京野菜レシピ

賀茂なすレシピと美味しさのポイント
田村佳子さんに教わる旬の京野菜の選び方と保存法、簡単ヘルシーレシピ

「賀茂なす(かもなす)」を使ったレシピ

賀茂なすの皮に含まれる「ナスニン」は抗酸化作用が強く、老化を防ぐ効果があります。さらに、みその効果として、コレステロールの抑制、消化促進、整腸作用、胃潰瘍の予防、美容、老化防止などがプラスされることで、夏バテの胃腸でも消化しやすく、栄養効果の優れたメニューになります。

賀茂なす、白瓜ともにカリウムが比較的多く、塩分の排出を促し、血圧の上昇を抑える作用があるので、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防など、生活習慣病の予防に効果が期待できます。

マカロニグラタンよりカロリーを抑えることができ、賀茂なすの肉質がしっかりしている為、ボリュームも劣りません。トマトに含まれるリコピンにより、シミやくすみの抑制効果があり、血圧を安定させるルチンやビタミンC、さらに、カロテンも含まれていることから、夏の強い日差しの対策としても、夏バテ対策としても効果的です。

賀茂なすの皮に含まれる「ナスニン」や、トマトの「リコピン」には強い抗酸化作用があり、ビタミンCやカロテンも多く、夏の日差し対策に適しています。

「賀茂なす(かもなす)」について

プロフィール写真

日本料理教室講師
田村 佳子(たむら よしこ)

栄養士/調理師/和憩カルチャースペース主催
管理栄養士/産業栄養指導者/健康運動指導士/ヘルスケアトレーナー

大学で海洋水産資源の研究後、大手小売業水産担当として勤務。水産の流通を把握してから栄養士を所得。調理師専門学校の日本料理で勤務し、日本料理の技術と知識を習得した後、独立。2008年和憩カルチャースペースを開設し、得意の魚メインにした日本料理教室を開講している。朝日放送「おはよう朝日です」出演、市場や企業とのタイアップレッスン、行政施設などでの教室開講など活動中。

こちらの特集もおすすめ!

特集の一覧を見る

会員

おすすめのQ&A

カテゴリ
ダイエット
美肌
キッズ

Q&Aをもっと見る