ココロとカラダに効くレシピ 料理レシピ「ボブとアンジー」

ログイン

旬の食材
小松菜
鶏肉
きゅうり
豆腐

特集

旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ

旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ

食べ合わせで頭痛対策☆セロリレシピ
美容と健康に効果的な栄養たっぷり!旬野菜の食べ合わせレシピ。野菜の下処理ポイントも☆

「セロリ」を使ったレシピ

【セロリ×ほうれん草】血圧が高めの方の頭痛対策に♪

【セロリ×ヨーグルト】ガンガンする頭痛への対策に♪

【セロリ×ごま】生理による頭痛対策に♪

【セロリ×じゃがいも】むくみが気になる方への頭痛対策に♪

「セロリ」について

■旬・種類

セロリレシピ

本来涼しい環境が好きなセロリは秋または春が旬ですが、ハウスや露地栽培が各地でおこなわれているため、市場にはほぼ一年中出回っています。
■選び方・保存法のポイント

【選び方】
葉の緑色が濃くてハリやツヤがあり、茎は太くて肉厚、縦のスジがしっかりと入っているものがよいものです。

【保存法】
成長して栄養が減ってしまうため、葉と茎を切り離して保存します。それぞれを袋に入れてできれば立てて冷蔵庫に入れておくことで1週間ほどは保存可能です。

■下準備・調理のポイント
セロリを洗うときには、付け根に泥や汚れがたまっていることが多いので、流水で付け根の内側をしっかり洗いましょう。

歯ざわりをよくするために筋を取ります。
筋取りは、まず葉の付け根のフシの部分で葉と茎に切り分け、茎の下の外皮側に包丁を入れて筋を起こしてから手前に引くと簡単に取れます。
新鮮なものほど筋がかたくしっかりしているので、きちんと取り除きます。
ただ、細かくスライスしてしまう料理や、歯ごたえを楽しむ炒め物などは取らずに使っても問題ありません。

香りの強い葉は天ぷらにお勧めです。また、佃煮にしても美味しく、料理に一緒に入れる場合は細かく刻んだり、セロリの茎より少し長めに加熱したりすると香りが和らぎ食べやすくなります。
■おすすめ調理法

【生食・漬物】
大きめのサイズに切ったり、スティックでかじる時には筋をきっちり取った方が良いでしょう。

【煮物・スープ】
スライスして使う場合は必要ありませんが、少し厚みを持たせる場合は筋はきれいに取り除いておいてください。香り成分など汁に流れやすいので、煮汁やスープも一緒に食べられるような味付けにしましょう。

【炒め物】
筋取りは省いてもよいでしょう。生で食べられるので、サッと炒めて加熱しすぎないようにし、食感を楽しむ方がお勧めです。また、栄養が流れ出ている炒めだれも、とろみをつけて一緒に食べられるようにしましょう。

■栄養
注目したいのは豊富に含まれるミネラルの一種であるカリウムと、独特の香りを生み出す40種もの香り成分。
その他、量はあまり多くはないですが、食物繊維、葉酸などのビタミンなども含んでいます。

カリウムは体内の余分な塩分を排出して正常化する作用を持ち、むくみの解消や、二日酔いなどの軽い脱水作用で体内の電解質のバランスが崩れた時の補給になり、これによって引き起こされる頭痛解消にもつながります。

強い香りの主成分はアピインで、ポリフェノールに分類される成分の一種。
ストレス解消や精神の安定、不眠解消など、リラックス効果があります。
また、鎮痛作用があるため、頭痛や生理痛などの痛みを和らげ、二日酔いが原因で起こる頭痛にも効果があります。
季節の変わり目や冷房などの温度変化で頭痛が起こりやすい時期に、セロリを食事に取り入れて対策をしてみませんか。

プロフィール写真

日本料理教室講師
田村 佳子(たむら よしこ)

栄養士/調理師/和憩カルチャースペース主催

大学で海洋水産資源の研究後、大手小売業水産担当として勤務。水産の流通を把握してから栄養士を所得。調理師専門学校の日本料理で勤務し、日本料理の技術と知識を習得した後、独立。2008年和憩カルチャースペースを開設し、得意の魚メインにした日本料理教室を開講している。朝日放送「おはよう朝日です」出演、市場や企業とのタイアップレッスン、行政施設などでの教室開講など活動中。

こちらの特集もおすすめ!

会員

おすすめのQ&A