ココロとカラダに効くレシピ 料理レシピ「ボブとアンジー」

ログイン

教えて!お菓子作りのコツ

プリン会員

とろとろプリンとぷるぷるプリン、かたさの調節はどうやってするんですか?

食感は卵、牛乳あるいは生クリームの割合で決まります。

卵が多いと昔風のかたいプリンになり、牛乳、生クリームの量が多くなると、やわらかいプリンになります。

また、砂糖は卵をかたまりにくくする性質があるので、砂糖の量によってもかたさが調節できます。

プリンにスがはいらないためのポイントはなんですか?

温度調節が重要です。いきなり高温で焼くとスがたってしまいます。

湯せん(60℃くらいの湯)をして蒸し焼きにすることで、卵がゆっくりと加熱され、舌触りのなめらかなプリンになります。

プリンのカラメルを焦がしてしまいます。うまく作るポイントを教えてください。

加熱を続けると焦げてしまいます。

カラメルは60℃になると色付いて香りも出てきますので、ちょうどよい色になったらすぐに濡れふきんに鍋底を付けて加熱を止めます。

プリンに使う砂糖は、上白糖?グラニュー糖?何でもいいですか?

プリン液はどちらでも構いませんが、一般的に上白糖は加熱すると色が付きやすいので、カラメルにはグラニュー糖を使う方がよいでしょう。

バニラエッセンスとバニラオイルの違いってなんですか?

エッセンスは加熱で香りが飛んでしまうので、加熱しないお菓子に使います。

オイルは油になじみやすく、高温でも揮発しにくいので、焼き菓子等の加熱するお菓子に使います。

プリンは電子レンジでもできますか?

耐熱性の陶器の器を使い、湯せんした状態で加熱すると、できます。

加熱ムラができやすいので、電子レンジの弱で様子を見ながら加熱します。

関連レシピ