ヘルシー健康レシピ「ボブとアンジー」

ログイン

旬の食材
じゃがいも
鶏肉
きゅうり
豚肉

特集

旬の京野菜レシピ

旬の京野菜レシピ

万願寺唐辛子レシピと美味しさのポイント
田村佳子さんに教わる旬の京野菜の選び方と保存法、簡単ヘルシーレシピ

「万願寺唐辛子(まんがんじとうがらし)」を使ったレシピ

じゃこに含まれるカルシウムや、万願寺のビタミンC、E、Aなどが夏バテを解消してくれます。豊富なカプサイシンには食欲増進の働きもあり、効果的です。

油揚げに含まれる大豆サポニンやビタミンEには強い抗酸化作用があり、万願寺にも抗酸化作用の高いビタミンC、Eが多く含まれ、更に皮膚の再生に効果のあるビタミンAも豊富なことから夏の日差しを浴びた肌に最適です。ほろ苦い万願寺唐辛子とはちみつの甘さがよく合う食べやすいおかずです。

お肉とともに調理するので、万願寺に含まれるビタミンAが効率よく吸収でき、ビタミンCやEの抗酸化作用も相乗し、たんぱく質も十分摂取できるため、肌のターンオーバーに効果があります。

揚げてから南蛮酢に漬けてあるので、夏場でもさっぱり食べやすく、ビタミンAを効率よく吸収するための油で胃もたれせず、適度に摂取できます。万願寺のビタミンC、E、Aなどが夏バテ回復の効果があるため、予防だけでなく疲れてしまってからでも最適です。

「万願寺唐辛子(まんがんじとうがらし)」について

プロフィール写真

日本料理教室講師
田村 佳子(たむら よしこ)

栄養士/調理師/和憩カルチャースペース主催
管理栄養士/産業栄養指導者/健康運動指導士/ヘルスケアトレーナー

大学で海洋水産資源の研究後、大手小売業水産担当として勤務。水産の流通を把握してから栄養士を所得。調理師専門学校の日本料理で勤務し、日本料理の技術と知識を習得した後、独立。2008年和憩カルチャースペースを開設し、得意の魚メインにした日本料理教室を開講している。朝日放送「おはよう朝日です」出演、市場や企業とのタイアップレッスン、行政施設などでの教室開講など活動中。

こちらの特集もおすすめ!

特集の一覧を見る

会員

おすすめのQ&A

カテゴリ
ダイエット
美肌
キッズ

Q&Aをもっと見る