ココロとカラダに効くレシピ 料理レシピ「ボブとアンジー」

ログイン

教えて!お菓子作りのコツ

シフォンケーキ会員

ふんわり、しっとりシフォン生地のコツはなんですか。

(1)卵黄と砂糖をしっかりと混ぜること。

(2)卵白はボウルを逆さまにしても落ちてこないくらいまで泡立てること。

(3)粉を混ぜたら手早く型に入れて焼き上げること。

この3点に注意しましょう。

シフォンがすぐにしぼんでしまう原因はなんですか?

焼きが足りないとしぼんでしまいます。

焼成時間をもう少し増やしてみてください。

また、卵白の泡立てが足りないとしっかりと膨らみません。

初心者におすすめのシフォンケーキ型の大きさってどれくらいですか?

初心者の方は7cmの型が作りやすいです。

材質はフッ素樹脂加工のものは生地がすべりやすいので、熱伝導率の良いアルミ製がよいと思われます。

シフォンケーキを型からきれいにはずすコツはなんですか?

しっかり冷めた状態、もしくは冷凍庫でいったん冷やすと、生地が締まってきれいにはずれます。

シフォン専用ナイフを使うとなお一層はずしやすいです。

シフォン生地に使う砂糖は、上白糖?グラニュー糖?何でもいいですか?

上白糖は水分量が多いので、しっとりと焼き上がり、グラニュー糖を使うと、ふんわりとした軽いスポンジに仕上がります。

お好みで使い分けていただいてOKです。

ベーキングパウダーをたくさん入れたら、シフォンケーキは膨らみやすいですか?

シフォンケーキが膨らむのは、卵白を泡立てて作るメレンゲによるものが大きいので、ベーキングパウダーは補助的な要素になります。

また、卵白の量を増やすことでベーキングパウダーを入れる必要はなくなります。

シフォンケーキを型からはずすのは、焼けてすぐ?それとも冷めてからですか?

きちんと冷めてからはずします。

温かいときに取り出そうとすると、形が崩れてしまいます。

卵の個数が、卵白が多いレシピと、卵黄と卵白が同じ個数のレシピがあります。違いは?

ベーキングパウダーを使わずに高さのあるシフォンケーキを作る場合、卵白を多く入れます。

卵白の水分が入る分、ふんわりと軽い味わいになります。

焼き時間を増やすと焦げる原因は?

そのままの状態で焼くと、上面だけが焦げてしまいます。

あらかじめ穴を開けておいたアルミホイルをかぶせたり、温度を10〜20℃下げて10分ほど追加焼成するなどして中まで火を通します。

関連レシピ